ようやく今年もノビタキに会えました....

毎年9月の中頃には地元でも必ず出会えるノビタキですが、今年は何度フィールドを訪れても出会えません。皆さんのブログでもあちこちで多数紹介されており、今年に限って数が少ないわけでもなさそうです。珍鳥ではないものの、滞在期間の短い鳥は旬の時期には1度だけでも出会っておきたいですよね。

と言うことで地元での出会いを諦めて、淀川河川敷を歩いてきました。予感的中....、ようやくターゲットに出会えました。

NOBITAKI-92*b
ノビタキ

NOBITAKI-91*b
ノビタキ

NOBITAKI-94b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-93b.jpg
ノビタキ

この子は手の届くようなところでフレンドリーでした
NOBITAKI-99b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-95b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-97b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-96b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-98b.jpg
ノビタキ

NOBITAKI-100b.jpg
ノビタキ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

この子は誰???

今季なかなか出会えないノビタキを探しに淀川河川敷へ....。

その途中、鮮やかなブルーの鳥が眼の前を舞いました。当初は「んっ?カワセミ?」と思いましたが、身体が大きすぎるし、色合いも少し違います。数秒、眼の前を舞った後、遠くの木の枝にそっと止まりました。「初めて見る珍鳥か?」と、なんとか落ち着いてシャッターを押しましたが、その枝までは遠い遠い....。もう少し大きく....と、そっと近づきかけた途端、残念ながら飛び去ってしまいました。

撮れたのはこの5ショットのみ。
ドキドキしながら拡大してみると、珍鳥ではなく籠脱けのインコようです。以前セキセイインコを飼ったことがある....と仰っていたコモトさんにお尋ねすると、並セキセイインコと呼ばれるブルーのノーマルタイプか、オーパリンという種だろう....と。図鑑によるとたしかにセキセイインコ....、頭から背中にかけての黒い斑点がなさそうなので、オーパリンのブルーかもしれませんね。

一瞬、超珍鳥の第一発見者になったかとドキドキしましたが、世の中そんなに甘くはないですよね....。


セキセイインコ

SEKISEIINKO-2b.jpg
セキセイインコ

SEKISEIINKO-4b.jpg
セキセイインコ

SEKISEIINKO-3b.jpg
セキセイインコ

SEKISEIINKO-5b.jpg
セキセイインコ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

昨年のこの時期も....

10月に入り、鷹の渡り等も一段落し、冬鳥の到着が待ち遠しくなってきましたね。

そろそろ色々な鳥が楽しみですが、昨年のこの時期も鳥との出会いには苦戦していたようです。10月1日2日と同じようにホオジロをUPしていたようです。今年はこの時期の主役のノビタキにはなぜか運が無いようで、未だに出会えません。


ホオジロ

HOOJIRO-112b.jpg
ホオジロ

HOOJIRO-113b.jpg
ホオジロ

HOOJIRO-114b.jpg
ホオジロ

HOOJIRO-115b.jpg
ホオジロ

HOOJIRO-116b.jpg
ホオジロ

HOOJIRO-117b.jpg
ホオジロ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

この地の住人はもう一種....

この地を訪問すると必ず出会えるのは、ミサゴとこのイソヒヨドリ。

今回も水際へ降りる階段の縁に居るのを見かけました。しかし、ここ数年♀ばかりでなぜか♂は見かけません。♀は毎回のように出会えるので、♂も居るはずなんですがねぇ。

ISOHIYODORI♀-51b
イソヒヨドリ♀

ISOHIYODORI♀-52b
イソヒヨドリ♀

ISOHIYODORI♀-53b
イソヒヨドリ♀

ISOHIYODORI♀-54b
イソヒヨドリ♀

ISOHIYODORI♀-56b
イソヒヨドリ♀

ISOHIYODORI♀-57b
イソヒヨドリ♀

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

迫力のシーンを何とか....

サシバハチクマノスリ等と多種の猛禽との出会いを楽しめた先週の渡りでしたが、今年も遠い、高い、速い....の三重苦で納得のできる画像は残せませんでした。鷹の渡りはこんなものだと聞きますので、よほどの運に恵まれないと至近距離の画像は撮れないのは納得ですが、いまいち満足できていません。

と言うことで、今日は渡りではなく、満足できる猛禽を撮ろうといつものK浜へ出かけました。

そして、到着してすぐ水面に突っ込むこの子のシーンに遭遇。少し慌てましたが、何とか迫力のシーンの撮影に間に合いました。しかし、期待に反してこの子は狩りに失敗....、大魚をGETしていれば、大満足だったのに。それでも少し逆光気味の中、何とか迫力のある画像を残すができました。

到着早々にこんなシーンに遭遇....、この子は誰?
MISAGO-184b*
ミサゴ

MISAGO-185b*
ミサゴ

MISAGO-186b*
ミサゴ

迫力のシーンでしたが、魚は写っていませんでした
MISAGO-187b*
ミサゴ

MISAGO-188b*
ミサゴ

MISAGO-189b*
ミサゴ

MISAGO-190b*
ミサゴ

MISAGO-190*1b*
ミサゴ

MISAGO-190*2b*
ミサゴ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)


*
*
*
*
*