この白いサギは....

この日、アマサギと群れを作っていたのはチュウサギ....。

普段は白いサギを見かけてもあまりレンズを向けませんが、この時期しか見られないチュウサギは比較的レアですよね。いや、見かけていてもスルーしてしまっているかも。

CHUUSAGI-14b_2017083108195907c.jpg
チュウサギ

CHUUSAGI-15b_20170831081959f6a.jpg
チュウサギ

CHUUSAGI-16b_201708310819589f9.jpg
チュウサギ

CHUUSAGI-13b_20170831082000b40.jpg
チュウサギ

CHUUSAGI-12b_201708310820015be.jpg
チュウサギ


チュウサギ

CHUUSAGI-17b_2017083108192355e.jpg
チュウサギ

CHUUSAGI-18b_20170831081922ea4.jpg
チュウサギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

今年は相性抜群....

そろそろ渡りのシギチを.....と出かけましたが、その先で出会ったのはまたまたアマサギ。

出会えない年もあるというのに今年は相性抜群....、これで5ヶ所めの出会いとなりました。
旬が過ぎて帰る間際の鳥はあまりテンションが上がりませんが、この子ならシャッターを押してしまいますよね。散らばっていたので全体像は撮りませんでしたが、チュウサギを含めた20数羽あまりのの団体さんでした。

綺麗な夏羽の子は少なく、白っぽい子がほとんど....、そろそろ南へ帰る準備でしょうね。


アマサギ

AMASAGI-72b.jpg
アマサギ

AMASAGI-73b.jpg
アマサギ

AMASAGI-75b.jpg
アマサギ

AMASAGI-76b.jpg
アマサギ

AMASAGI-77b.jpg
アマサギ

AMASAGI-78b.jpg
アマサギ

AMASAGI-79b.jpg
アマサギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

真夏のカワアイサたち....、続編

長い間待たされた後、ようやく泳ぎだしたこの子たちですが、どんどんとこちらへ向かってきてくれました。そして私が撮影しているのを意識するように、眼の前でターンして下流の方向へ....。その後は餌を探しながら約1kmの移動。そしてまたまた岩場へ上陸し、翼を休めることとなりました。

途中、翼をばたつかせるシーンが数回ありましたが、もう1羽の子の翼の様子はよくわかりませんでした。

こちらへ向かって泳ぎ出しました

カワアイサ

KAWAAISA-52b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-54b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-55b.jpg
カワアイサ

どんどんと私の方へ
KAWAAISA-58b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-59b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-56b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-57b.jpg
カワアイサ

私の眼の前でターン
KAWAAISA-60b.jpg
カワアイサ

餌を探しながら下流へ
KAWAAISA-60*2b
カワアイサ

KAWAAISA-60*1b
カワアイサ

手前が昨年の子のようですが、後ろの子の翼も異常なのでしょうか....
KAWAAISA-60*3b
カワアイサ

KAWAAISA-60*4b*
カワアイサ

KAWAAISA-60*5b
カワアイサ

KAWAAISA-60*6b
カワアイサ

KAWAAISA-60*7b
カワアイサ

KAWAAISA-60*8b
カワアイサ

KAWAAISA-60*9b
カワアイサ

1kmほど移動して上陸しました
KAWAAISA-60*12b
カワアイサ

その後、河口近くまで歩いて引き返してくると、同じところで寛いでいました
KAWAAISA-60*13b
カワアイサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

なんと昨年のこの子に再会....?

コルリが渡ってきたというものの、まだまだ渡りの本番はこれからですよね。

地元のM川の河川敷はあまり珍鳥には恵まれませんが、それでもたまには貴重な鳥との出会いがあります。2年半前にはチフチャフ、今年の春にはシマアジとの出会いがあり、ハヤブサにも出会えます。それと私的には今年の春参加した寬平マラソンのメインの練習場となった思い入れのあるところです。先日はセイタカシギ出現の情報もありましたが、これはもう遅いかも....とは思いながら、久々に歩いてきました。

歩き出して10分ほどで出会ったのが、この子たち。昨年に引き続いて、35度を超えるかという真夏の炎天下にカワアイサです。
昨年もこの出会いにビックリしてブログに掲載しましたが、なぜか今年は2羽居ます。おそらく片方は昨年の子だとは思いますが、もう1羽は何故?と。同じように翼を痛めて飛べなかったのでしょうか?この再会に微妙な感動を感じながら、撮影を始めました。

カップルではなく、♀2羽が翼を休めていました

カワアイサ

右側の子が昨年の子でしょうね?やはり左の翼が垂れ下がっていて違和感が....
KAWAAISA-42b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-43b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-44b.jpg
カワアイサ

この様子を見ると、そんなにひどい状態ではなさそうなのですが....
KAWAAISA-45b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-46b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-47b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-48b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-49b.jpg
カワアイサ

なかなか動きが無いので、少し下流側から角度を変えての撮影に....
KAWAAISA-50b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-50*1b
カワアイサ

KAWAAISA-50*2b
カワアイサ

KAWAAISA-50*3b
カワアイサ

KAWAAISA-50*4b
カワアイサ

KAWAAISA-50*5b
カワアイサ

KAWAAISA-50*6b
カワアイサ

KAWAAISA-50*7b
カワアイサ

KAWAAISA-50*8b
カワアイサ

やっと泳ぎだしました....、この後どこへ?
KAWAAISA-50*9b
カワアイサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

再会はできたのですが.....

今週月曜日に微妙な出会いをしたお城のコルリですが、今日リベンジに行ってきました。

前回はHの森でしたが、昨日は神社裏に出たとのこと。到着後、一応Hの森にコルリの姿が無いのを確認してからポイントへ向かいましたが、今日もまたまた一番乗り....、やはり平日は場所取り楽ですね。そして、その後数分で前回の幼鳥とは違って♂の成鳥に出会うことができました。

ところが今日も大きな失敗を....。
現サンヨンは小さくて軽く、手振れ補正がばっちり決まるので、手持ちで出かけることが増えています。特に夏場は三脚携行が面倒で、今日も横着して三脚は無し....。ところが今日は朝からどんよりと曇っており、特にポイント周りのブッシュは薄暗いままです。撮影を始めた頃はISO8,000でもSSは1/20〜100、素早く動くコルリですので、これではとても止まりません。思いきってISOを12,800まで上げてなんとか1/300程度を確保。Hの森と違い、鳥までの距離もそこそこあり、トリミングも必要な状況でのこの設定はあまりにも厳しすぎました。せっかくサービス満点のコルリに出会えたのに、前回以上の不満画像となりました。

やはり遠い、暗い、素速い....っていうときは三脚必須ですよね。

KORURI-70*1b
コルリ

KORURI-62b.jpg
コルリ

KORURI-63b.jpg
コルリ

KORURI-64b.jpg
コルリ

KORURI-66b.jpg
コルリ

KORURI-67b.jpg
コルリ

KORURI-68b.jpg
コルリ

KORURI-70b.jpg
コルリ

KORURI-70*2b
コルリ

KORURI-70*3b
コルリ

KORURI-70*4b
コルリ

KORURI-70*6b
コルリ

KORURI-70*7b
コルリ

KORURI-70*8b
コルリ

            KORURI-70*9b
            コルリ

            KORURI-70*10b
            コルリ

            KORURI-70*11b
            コルリ

            Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
            + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)


*
*
*
*
*