今年一年、訪問していただきありがとうございました....

いよいよ今年も今日、明日を残すのみとなりました。

昨日は今季まだ出会えていない赤い子を探しに武庫川上流の渓谷を歩いてきました。この地もずいぶん久しぶりですが、過去にヤマセミやオシドリとも出会っており、赤い子以外も気になります。

この地は四方を山に囲まれていて陽が射し始めるのが遅く、この時期明るくなるのは午前8時を過ぎてからです。その時間帯を目指して到着し、機材のセッティングをしているときになんとヤマセミのカップルが通過しました。この地では毎回と言っていいほど出会えはするのですが、通過場所なのでほとんど見えるところに止まってくれず、なかなか画像は残せません。
今回も「見ただけ....」に終わってしまいました....泣。

それでもその後は早々に運を取り戻せたようで、ターゲットの赤い子に出会うことが出来、なんとか画像を残すことができました。このベニマシコ、眼の周りがすっきりとしていて、ちょっとオオマシコ似の男前ですよね。

今年一年、訪問したいただきありがとうございました。
数多くの情報やお仲間にも恵まれて、たくさんのライファーにも出会えて有意義な一年となりました。情報をいただいたお仲間や、鳥見会のみなさん、今年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

では、よいお年をお迎えください。

BENIMASHIKO♂-114b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-115b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-116b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-117b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-119b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-118b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-111b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-112b
ベニマシコ♂

BENIMASHIKO♂-113b
ベニマシコ♂

Nikon D7200 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

残り福はこの子でした....

決して満足な撮影ができたわけではありませんでしたが、この日はコミミズクとノスリに出会え、その後この子が残り福となりました。じつはハイイロチュウヒも期待していたのですが、そこまで運はなかったようです。

CHOUGENBOU-107b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-104b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-105b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-106b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-108b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-109b.jpg
チョウゲンボウ


チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-102b.jpg
チョウゲンボウ

CHOUGENBOU-103b.jpg
チョウゲンボウ

結局、飛び出しシーンは逃してしまいました。

Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

脇役ですが、人気者でした....

この日は意外に朝からコミミズクに出会えたので、本来のターゲットのノスリやチョウゲンボウは脇役になってしまいました。

ノスリは茶色っぽい子とこの白い子との2羽が居たようです。私たちカメラマンはやはりコミミズクが気になるので、あまりこの子たちには視線が向きません。それを指摘するようにこの子は白いお腹を誇示しながら、遠くの杭の上でこちらをずっと見つめていました。かなり遠い杭ですが、この白いお腹は抜群の存在感で目立ちます。脇役とはいえ、かなりの人気者でした。

かなり遠いんですが、存在感は抜群です....
NOSURI-62b.jpg
ノスリ

NOSURI-63b.jpg
ノスリ

NOSURI-67b.jpg
ノスリ

NOSURI-68b.jpg
ノスリ

NOSURI-65b.jpg
ノスリ

NOSURI-66b.jpg
ノスリ

Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

再会!!!

ご存じ、超有名なコミミズクのポイントです。

今季ももう数羽が帰ってきているのを確認していましたが、この日は午後から雨予報でしたので、あえて撮影ターゲットをノスリ、チョウゲンボウ等の猛禽類に変更して午前中に訪問しました。運がよければハイイロチュウヒの♂に会えるかも....と期待に胸が膨らみます。

ところが現地到着後の午前9時過ぎに、すでにコミミズクが奥の杭に止まっているのを確認。予想外の時間に出会えたものの、やはり飛んでくれる気配はなさそうです。とりあえずは杭止まりの画像が撮れたのでホッとした瞬間、カラスが追い回して飛ばしてくれました。いつもなら常に撮影の邪魔をするカラスがこの時だけは感謝感謝!おかげで唯一回だけの飛翔シーンをなんとか撮影することができました。

どうやら今季も私たちの目を楽しませてくれそうですね。

奥の杭ですが、とりあえずは出会えました
KOMIMIZUKU-61b.jpg
コミミズク

カラスが接近....
KOMIMIZUKU-62b.jpg
コミミズク

カラスのおかげで飛翔シーンも....
KOMIMIZUKU-65b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-66b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-67b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-68b.jpg
コミミズク

その後、再び遠い杭に舞い降りた後は、もう一度も動きませんでした

コミミズク

KOMIMIZUKU-64b.jpg
コミミズク



Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

喜びも束の間....

昨季はくやしい思いをしたこの地こんな事情でミコアイサやコブハクチョウの子育てには出会えませんでした。

先日報告しましたように、今季は早々にミコアイサに出会えたのでホッとしたのも束の間、19日にオシドリの撮影の帰りに立ち寄って愕然としました。ミコアイサに出会えた日は池の水も満水状態で、このハジロカイツブリにも至近距離で出会えたり、♂が落鳥したコブハクチョウが新たにカップリングされて?番で泳いでいたり....とそれなりに満足したのですが、なぜかまた水抜きが始まっているようです。

並んでいる2つの池のうち、東側の大きなK池は約3/4の水量でミコアイサたちはまだ健在でしたが、このハジロカイツブリのカップル?の姿は既に無し。そして西側のN池に至ってはもう干潟状態になっていて、番のコブハクチョウの姿もありませんでした。

昨年は台風の被害の調査というような事で水抜きをしたらしいのですが、今年はそんな被害もなく、今後が懸念されます。
こんな事が続くともう鳥達が居なくなってしまいますよねぇ。

この子たちはカップル?

ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-42b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-45b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-43b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-44b.jpg
ハジロカイツブリ

どんどん近づいてきてくれました....
HAJIROKAITSUBURI-47b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-48b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-49b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-50b.jpg
ハジロカイツブリ

HAJIROKAITSUBURI-46b.jpg
ハジロカイツブリ

Nikon D7200 + AF-S Nikkor ED 300mm F2.8G VR II + AF-S TELECOVERTER TC-20E Ⅲ
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: