秋の渡り始動....

依然として鳥影の薄い時期が続いており、まだまだアニマルランド・ネタが手放せないのですが、ようやくコルリの到来情報を聞き、昨日久々に登城してきました。

しかし、昨日の起床時はなんと予想外の雨....。
どうしようかと思いましたが、予報では降り続く雨ではなく、降ったりやんだりとのこと。動きの速いコルリということでD7200+サンヨンの準備をしていましたが、突然の降雨に備えて、移動や撤収のしやすい身軽なV3+ズームに変更して現地へ向かいました。

到着すると大阪市内は雨は降っていません。やっぱり一眼にすればよかったか....等と思いながら、昨年出会ったポイントへ。数名のカメラマンが先着されていましたが、まだ鳥の姿は見えないとのこと。そのうち、もう少し奥の別ポイントで幼鳥が出てるとのことで早速移動することにしました。なんとそこではまたまたYasuo君さんと遭遇、ご一緒することに....。皆さん考えることは同じようですね....笑。

そこでは簡単に出会うことができましたが、天候が悪い上に暗いブッシュの中なので、ISOを6400にしてもSSは1/100程度です。これでは動きの速いコルリはミラーレス機では止まりません。おまけに幼鳥ですので、色合いも薄味でコルリ本来の鮮やかな色も出ません。ここでもやはり一眼にすればよかったとの後悔が....。しかし、他にまだ手強い天敵がいました。なんと大量の「蚊」です。この日は出発直前に機材を変更したこともあり、虫除けスプレーも不携行。半袖の両腕は虫刺され痕だらけになり、蚊を追い払いながらの集中力に欠けた撮影となりました....泣。

やはり画像の出来には不満が残りましたが、早々にコルリに出会えたのは満足でした。

暗いブッシュでノイズだらけです....
KORURI-21*b
コルリ

KORURI-22*b
コルリ

光線状態があまりに悪いので横から回り込んでみましたが変わりませんねぇ....
KORURI-23*b
コルリ

KORURI-24*b
コルリ

KORURI-25*b
コルリ

KORURI-26*b
コルリ

KORURI-27*b
コルリ

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
スポンサーサイト

ど迫力....

園内で一番のど迫力....、モモイロペリカンです。ツルの種類とはまた違った迫力で圧倒されました。さすがにここまで大きくなると、少し恐怖感も....。

意外に生息地の分布は広範囲ですが、さすがに日本では珍鳥として出会うこともなさそうですね....。ちなみに沖縄では何度かの記録があるようです。

ツルの種類のような繊細な美しさに欠けているのがいまいちですね。


モモイロペリカン

MOMOIROPERIKAN-2b.jpg
モモイロペリカン

       MOMOIROPERIKAN-3b.jpg
       モモイロペリカン

       MOMOIROPERIKAN-4b.jpg
       モモイロペリカン

MOMOIROPERIKAN-5b.jpg
モモイロペリカン

MOMOIROPERIKAN-6b.jpg
モモイロペリカン

Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

この子にも再会しました....

このショウジョウトキにも再会しました。
南アメリカ生息のトキの仲間です。華やかで存在感は抜群なのに、身体が小さいのが少し残念ですね。

天然物かどうかは別として、ここ数年でコウノトリ、マナヅル、タンチョウ、ソデグロヅル、アネハヅル等、ビッグな鳥に出会えたので、やはりトキは一度観てみたいものですね。ぜひ近いうちに北の地へ訪問したいと思っております。

夢が叶うといいのですが....。


ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-12b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-13b.jpg
ショウジョウトキ

眼の前で水浴びを始めました....
SHOUJOUTOKI-17b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-16b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-19b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-18b.jpg
ショウジョウトキ

うーん、気持ちよさそうです....
SHOUJOUTOKI-20b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-14b.jpg
ショウジョウトキ

SHOUJOUTOKI-15b.jpg
ショウジョウトキ

Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

美形に再会!

前回この地を訪れたときも美形と言うことで、思わずシャッターを押しまくりましたが、今回再開することができました。

そして、今回は可愛いヒナの子育てシーンにも出会えました。自然環境でないのが残念ですが、やはりヒナを観ていると心が癒やされますね。

       
       クロエリセイタカシギ

       KUROERISEITAKASHIGI-14b.jpg
       クロエリセイタカシギ

KUROERISEITAKASHIGI-11*b
クロエリセイタカシギ

KUROERISEITAKASHIGI-12b.jpg
クロエリセイタカシギ

こんなところに座り込んでいる子が....と思いましたが、なんと抱卵中でした
KUROERISEITAKASHIGI-19b.jpg
クロエリセイタカシギ

やはりヒナは可愛いですね....
KUROERISEITAKASHIGI-15b.jpg
クロエリセイタカシギ

KUROERISEITAKASHIGI-16b.jpg
クロエリセイタカシギ

KUROERISEITAKASHIGI-17b.jpg
クロエリセイタカシギ

KUROERISEITAKASHIGI-18b.jpg
クロエリセイタカシギ

Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

うーん、ゴージャス!!

この地で一段と目立っていたいたのはこのホオジロカンムリヅル
この子はアフリカ南東部の池、沼などの湿地で生息するとのことで、ウガンダの国鳥です。この国の国旗の真ん中に描かれているのはこの鳥だそうです。

今年に入って、天然もののマナヅルアネハヅルに出会えましたが、さすがに珍鳥としての飛来はないだろう....と調べてみますと、ここ数年であちこちで撮影されていました。しかし、どこかの飼育ものが逃げ出したのでは?という個体が多そうですね。しかし、フィールドで出会ったら度肝を抜かれるくらいのゴージャスな風貌です....。

この日は35度を超えていた暑い日で、ほとんど動かず....。アフリカ出身とのことですが、おそらく日本の夏の方が暑いと感じているでしょうね....笑。。。

       
       ホオジロカンムリヅル

       HOOJIROKANMURIZURU-2b.jpg
       ホオジロカンムリヅル

       HOOJIROKANMURIZURU-3b.jpg
       ホオジロカンムリヅル

       HOOJIROKANMURIZURU-4b.jpg
       ホオジロカンムリヅル

HOOJIROKANMURIZURU-5b.jpg
ホオジロカンムリヅル

HOOJIROKANMURIZURU-6b.jpg
ホオジロカンムリヅル

頭、暑そうですね....笑
HOOJIROKANMURIZURU-7b.jpg
ホオジロカンムリヅル

HOOJIROKANMURIZURU-8b.jpg
ホオジロカンムリヅル

Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: