アオバズクのヒナに出会えましたが....

この日は今年前半戦の締めくくりに....と、気がかりなまま出会えていないアオバズクのヒナを見に行ってきました。
ただ、この日は電車&徒歩でしたのでいつもの大木の地ではなく、北摂の神社の境内へ。

ヒナが居るという情報はすでに聞いていましたが、最寄駅から歩いている最中も、「もう旅立ってしまったのではないか?」....と気になります。到着すると、すでにレンズを構えておられるカメラマンがお一人....。「ああ、よかった....」と、暑い中40分ほど歩いただけにホッと胸をなでおろしました。

情報通り、ヒナは3羽で元気そうです。すぐ近くには両親が見守っていました。
この地は枝の高さが低いので、それなりに近寄って撮れますが、暗いのと細かい枝か被ります。上部にいた親子2羽はそれなりに撮れましたが、下部のヒナ2羽と親は生存確認程度の証拠写真になってしまいました....笑。。。

        到着時の全景です ヒナ3羽に親鳥2羽でした
        AOBAZUKU-141b.jpg
        アオバズク

        左下のヒナが動いたのでレンズを向けますが、枝かぶりです....
        AOBAZUKU-150*2b
        アオバズク

        可愛い顔なのに残念です
        AOBAZUKU-150*1b
        アオバズク

        今度は一番下に居た親鳥が少し離れた枝に飛び移りました
        AOBAZUKU-149b.jpg
        アオバズク

その後先ほどのヒナの傍に寄り添ってきましたが、これまたひどい枝かぶりです
AOBAZUKU-150*4b
アオバズク

AOBAZUKU-150*3b
アオバスク

        一番上のヒナはなんとか被らず撮れました
        AOBAZUKU-142b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-143b.jpg
        アオバズク

AOBAZUKU-144b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-148b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-145b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-146b.jpg
アオバズク

ブラボー!!
AOBAZUKU-147b.jpg
アオバズク

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
スポンサーサイト

大きな勘違い....

アネハヅル、コノハズクと遠征のターゲットにもすぐに出会え、一通り撮り終えた時点でまだ午前10時前....。

目的は果たしたものの、とんぼ返りは勿体ないと、3カ所めの撮影場所を物色します。この地からですとやはりブッポウソウが頭に浮かびますが、この鳥は数カ所のポイントを巡りながらゆったりと撮りたいのでこの日はパス....。

そう言えば、どなたかがヒナの誕生をブログUPされてた....と、昨年も訪れたこの地が頭に浮かびました。昨年の訪問日はターゲットのヒナがかなり大きくなったおり、可愛らしさという点では感動がいまいちでした。

今年は?....と思いながら到着すると、なんとヒナの姿はありません。そして園内には昨年の6月6日に9年ぶりに産まれた「ナイン」の記事が掲示されています。あれっ?これは昨年私たちが撮影したこの子では....?この近辺にはタンチョウを飼育している施設が数カ所あり、今年ヒナが誕生したのはすぐ近くの別の地だったことが判明しました。

大きな勘違いで残念なことをしましたが、それでも優雅に園内を散策するこの子たちに会えました。直前に撮ったアネハヅルのように純天然ものではありませんが、やはりツルの種は存在感抜群ですね。


タンチョウ

TANCHOU-33b.jpg
タンチョウ

TANCHOU-32b.jpg
タンチョウ

        TANCHOU-35b.jpg
        タンチョウ

        TANCHOU-36b.jpg
        タンチョウ

TANCHOU-37b.jpg
タンチョウ

TANCHOU-40b.jpg
タンチョウ

TANCHOU-38b.jpg
タンチョウ

TANCHOU-39b.jpg
タンチョウ

TANCHOU-40*1b
タンチョウ

TANCHOU-40*2b
タンチョウ

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

遠征2種めのライファーです....

メインターゲットのアネハヅルには無事に出会うことができましたが、その後に向かった地でのセカンドターゲットもライファーでした。

まずは、現地到着後に枝にとまっていたのがこの親鳥....。
この地でもいきなりライファーに出会えて感動したものの、どうも角度がいまいちで表情がはっきり見えません。なんせ夜行性なのでこのまま動いてくれないのか?....と諦めかけたとき、そっと顔が動きました。
さすがに精悍な顔つきをしていますね。

そして、その精悍な視線の先は、いままさに巣立ちをしようかとするこの子でした。いやはや、ヒナってどの子もほんとに可愛いですね。

出会ったときはこんな表情です
KONOHAZUKU-6*b
コノハズク

その直後こちらを向いてくれました
KONOHAZUKU-8b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-9b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-10b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-10*1b
コノハズク

今度は別の方向が気になるようです
KONOHAZUKU-10*3b
コノハズク

その鋭い視線の先は可愛いこの子でした....
KONOHAZUKU-1b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-2b.jpg
コノハズク

この子もこちらを向いてくれました....
KONOHAZUKU-3b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-4b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-5b.jpg
コノハズク

Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

無事、静止シーンにも....

飛翔姿を撮影できたというものの、到着後すぐに飛び立ってしまい、その方向も見失っていたので、「えっ、これしか撮れないのでは???」と、嫌な予感が頭をよぎります。

先着されていた他のカメラマンたちは、早い時間から到着されていたようで、もうほとんど一通り撮影されて撤収されはじめる方も....。こちらはまだ到着したばかりなのでそんな訳にはいきません。それでも、「昨日は、あのあたりの田んぼに降り立ったよ!」と、二日連続で撮影されている方からのありがたいアドバイスを受け、数百メートル離れた田んぼへ向かいました。

その田んぼに到着する時点ではなんと一人になってしまっていたので、心細いこと....。それでもアドバイスどおり、田んぼの真ん中で餌をついばんでいる姿を発見したので元気回復です。そこそこ距離はあるので驚かすこともなく、その後はじっくり落ち着いて撮影することができました。思えば、もう10年以上も前のことでしょうか、NHKの番組で「ヒマラヤを越えて渡りをするツル」と、アネハヅルが紹介されたことがありましたが、まさかこんな近くで出会えるとは感動ものでした。

おそらく、もう会えないだろうと思いながら、大切に大切に撮影してきました。



ANEHAZURU-20*4b
アネハヅル

ANEHAZURU-20*5b
アネハヅル

ANEHAZURU-11b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-12b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-13b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-14b.jpg
アネハヅル

んっ?これって瞬き?
ANEHAZURU-15b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-16b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-17b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-18b.jpg
アネハヅル

また眼を瞑っていますね....
ANEHAZURU-19b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-20b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-20*3b
アネハヅル


ANEHAZURU-20*2b
アネハヅル

ANEHAZURU-20*1b
アネハヅル

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

三連休最終日は話題の鳥に....

三連休は初日、二日めと台風の後遺症で何も撮影できず....。

ストレスが溜まる中、今日はどこへ行こうかと昨晩から悩みに悩みました。ここ数年この連休を利用してブッポウソウを撮りに行くのですが、今年はアネハヅルやアカガシラサギ....と、あちこちで気になる鳥の出現が報告されています。ブッポウソウも一年に一回なので気になりますが、悩んだあげく、やはり大物アネハヅルを撮ろうとポイントに向かうことにしました。

自宅出発は4時半....、もちろん午前です....笑。。。
今日は単独行なので眠気防止にガム等を買い込んで高速を疾走....。7時前には現地に到着しました。教えていただいたポイントに近づくともう数名のカメラマンが大砲を構えています。ご一緒させていただこうと近づきかけた途端、「あっ、飛んだ!」....と。見ると、アオサギに追われて飛び立った大きな鳥が....。早速、手にしていたV3で即連写....、シルエット状態の拙い画像ですが、これがアネハヅルとの出会いとなりました。

この種の鳥は田んぼを歩いて餌をついばむ姿を見つけるのが定番ですが、今回は意外な出会いとなりました。なんとか出会えたものの、頭を痛めたのはその後降り立ったところの探索です....。

アオサギに追われて飛んできました

アネハヅル

ANEHAZURU-2b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-4b.jpg
アネハヅル

手が届きそうなところですごい迫力です
ANEHAZURU-3b.jpg
アネハヅル

ANEHAZURU-6b.jpg
アネハヅル

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 10月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 09月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)


*
*
*
*
*