タマシギの横には....

タマシギの横にはケリの親子が....。

可愛いヒナは3羽居ました。子どもたちはもう自分自身で餌をとることができるようになっていますので、親鳥もヤレヤレかも。一方、親鳥の方はやはり子どもたちが気になる様子で、至近距離からやんちゃな子どもたちを見守っていました。

可愛い子どもたちは3羽でした

ケリ

KERI-67b.jpg
ケリ

KERI-68b.jpg
ケリ

KERI-69b.jpg
ケリ

KERI-70b.jpg
ケリ

めちゃめちゃ近寄ってくれました....
        KERI-70*2b
        ケリ

        KERI-70*3b
        ケリ

        KERI-70*4b
        ケリ

やはり親鳥は心配な様子です
KERI-64b.jpg
ケリ

KERI-65b.jpg
ケリ

KERI-63b.jpg
ケリ

KERI-62b.jpg
ケリ

KERI-61b.jpg

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

この日は主役....

昨日はバライロムクドリという珍鳥情報を聞いて某緑地公園に....。

久々の珍鳥情報だったので「今日は混雑するだろう....」と早朝に向かいますが、予想に反してカメラマンの姿はほとんどありません。その直後、出会ったカメラマンにポイントを教えていただき一緒に向かいましたが、それでもまばらで7〜8名が探索中。よく聞くと前日の金曜日は200名ほどが訪れたものの出現しなかったとのことで、その情報が一気にまわったのかも。

ムクドリの群れが舞い降りる度に眼を凝らして探しますがやはり居ないようです。昨日は最高気温が35度にもなったとのことで、この時点でもかなり蒸し暑く、集中力に欠けてしまいます。結局⒉時間足らず探しましたがあきらめて撤収しました。

その後、別の鳥を求めて数カ所まわった後、この地で出会ったのがこのケリ....。よく見ると親鳥の傍らに1羽のヒナがいました。これまではいつも脇役だったケリですが、ヒナが居ると撮影する側のテンションも↑↑ですね。やっと主役の座を勝ち取りましたが、伸びた稲の間を歩く姿は意外に難易度が高かったです。

ムクドリの群れの中に居るはずでしたが....

ムクドリ

バライロではありませんでした
MUKUDORI-72b.jpg
ムクドリ

親鳥の手前にヒナが見えます
KERI-51b.jpg
ケリ

稲の間のよちよち歩きが始まりました
KERI-52b.jpg
ケリ

KERI-53b.jpg
ケリ

KERI-54b.jpg
ケリ

KERI-55b.jpg
ケリ

KERI-56b.jpg
ケリ

KERI-58b.jpg
ケリ

KERI-59b.jpg
ケリ

KERI-60b.jpg
ケリ

ちゃんと親鳥は見守っています
KERI-60*1b
ケリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

タマシギがターゲットでしたが....

この時期、今年も気になるのはやはりタマシギですね。

昨年教えていただいたこの地へ行ってみましたが、今年もなぜか姿はありません。数日前から出現情報はあるのですが、この地とはあまり相性がよくないようです。

で、昨年同様またまた出会えたのはこの子でした。そういえばこの子はいつもピンチヒッターですよね。


ケリ

KERI-43b.jpg
ケリ

KERI-42b.jpg
ケリ

KERI-46b.jpg
ケリ

KERI-47b.jpg
ケリ

KERI-44b.jpg
ケリ

KERI-45b.jpg
ケリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

この日もこの子がピンチヒッター....

さて、14日の早朝に訪れた時は♂が抱卵していたので、もうそろそろ雛の誕生?....かと思い、20日の朝にこの地を再訪しました。

ところが、北摂のこの地と同様、またまた巣はもぬけの殻状態....。
もうヒナが生まれて巣立ったのかと近くの田んぼを探索することにしましたが、まだ数日のことなのでそんなに遠くへ移動したとは思えません。きっと近くに....と思いましたが、子供連れどころか親鳥の姿も見えません。そして、よく見ると前回には見え隠れしていた巣の上の卵も忽然と消えているので、誕生前でもなさそうです。

その後、2時間余り様子を見ましたが、状況に変化は見られず、諦めて撤収しました。

後から聞くと、やはりカラスに巣が襲われた....とのことで、ここでも可愛いヒナは見られなくなったようです。
うーん、何故か今年はあちこちで子育て失敗ニュースをよく耳にします。これも自然なのでしょうが、複雑な気持ちです。

そんな中、またまたこの日もこの子がピンチヒッターを。今回の子は警戒心も少なく、眼の前で片足立ちのポーズ等、大サービスでした。しかし、鳴き声も大きくて存在感は抜群のわりに、何故かこの子は人気ないんですよねぇ....。

前回訪問時は3〜4個、卵が見えていたのですが....
TAMASHIGI-10*2b
タマシギ?

愛想良かったですが....
KERI-31b.jpg
ケリ

KERI-32b.jpg
ケリ

KERI-33b.jpg
ケリ

KERI-34b.jpg
ケリ

KERI-36b.jpg
ケリ

KERI-35b.jpg
ケリ

KERI-37b.jpg
ケリ

KERI-39b.jpg
ケリ

KERI-40b.jpg
ケリ

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6


この日はこの子がピンチヒッター....

この日はタマシギの親子連れを探しに北摂の田んぼへ。

早朝にポイントに到着し、Yasuo君さんと合流しましたが、ターゲットの親子連れの姿は無し....。
まだヒナは生まれたてで小さいので、高い障害物を越えてまでは移動しないはずです。付近の田んぼをくまなく探しましたが、どうしても出会えませんでした。

そんな中、捜索する私たちを嘲笑うように現れたのがこの子。不人気で目つきも鋭いですが、この日は立派にピンチヒッターを務めてくれました。

KERI-24b.jpg
ケリ


ケリ

KERI-21b.jpg
ケリ

KERI-22b.jpg
ケリ

KERI-25b.jpg
ケリ

KERI-26b.jpg
ケリ

KERI-27b.jpg
ケリ

KERI-28b.jpg
ケリ

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: