水辺のシーンも....

これまでは枝止まりしか撮影できなかったヒレンジャク。
この日は水辺のシーンも撮れました。残念ながら水浴びではなく、水飲みシーンでしたが、それでもこれまで見られなかったシーンに感動でした....。

HIRENJAKU-52b.jpg
ヒレンジャク


ヒレンジャク

HIRENJAKU-60**b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-60***b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-53*b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-54b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-55b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-56b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-57b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-58b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-59b.jpg
ヒレンジャク

飛びそうな予感が....
HIRENJAKU-60b.jpg
ヒレンジャク

飛んだっ
HIRENJAKU-60*b
ヒレンジャク

Nikon D7100 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

一シーズン中、一度は撮りたい鳥です....

珍鳥ではありませんが、一シーズン中に一度は撮っておきたい鳥、ヒレンジャクです。

昨季は出会うことができなかったので、この日から2年ぶりでした。昨日もYasuo君さんと教えていただいたポイント付近に7時半頃到着。機材をセッティングしながら、探そうとするとすでに眼の前の枝上に.1羽がいました。いきなりターゲットに出会えてホッとしていると、その後は数本あるヤドリギに次から次へと群れが登場....、しばらくはモデル撮影会状態となりました。

本来警戒心の強いヒレンジャクのはずですが、街中での長い滞在で人間にも慣れてしまったのでしょうね。手の届くような近くの枝に次から次へとやってきます。今回はあまりに近すぎて、どれも同じようなアングルのどアップの画像ばかりとなりました。私たちは小鳥を撮るときは少しでも近づいて大きく撮ろうとする習性が身についていますが、少し下がって絵作りする余裕がなかったのが悔やまれました。

Yasuo君さん、昨日もお疲れ様でした。

機材セッティング後すぐにこの子が....、近い近いっ!

ヒレンジャク

HIRENJAKU-50b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-48b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-49b.jpg
ヒレンジャク

その後は次から次へとやってきます
HIRENJAKU-50****b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-50*****b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-42b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-43b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-44b.jpg
ヒレンジャク

お行儀よく整列....
HIRENJAKU-45b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-47b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-50*b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-50***b
ヒレンジャク

HIRENJAKU-46b.jpg
ヒレンジャク

HIRENJAKU-50**b
ヒレンジャク

Nikon D7100 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

今日のターゲットはアカレンジャー....

今日のターゲットは前々から気になっていたヒレンジャク。

一昨日に抜けてしまったとの情報がありましたが、とりあえずは聞いていた大阪府I市の都市公園に行ってみることに。夜明け直後に到着しましたが、やはりひっそりしていて鳥どころかカメラマンもゼロ....。一周しても5分もかからない小さな公園なので、待つのが正しい選択なのか非常に悩みます。それでも1時間足らず我慢しましたが断念....、情報は正しかったようです。

その後、やはり出現情報の出ている某緑地公園に移動。
今度は到着直後、機材のセッティング中に出会えましたが、ツグミに追いかけられて即退場、その後はなかなか姿を現しません。現地で出会った方に訪ねたところ、「少し離れた小さな都市公園に居ると聞いた....」とのこと。とりあえずその方と二人でそこへ行ってみることに。すると、その小さな公園には鳥の姿はないものの、20〜30名のカメラマンがスタンバイ状態でした。やはり、鳥を探すときはカメラを持った人を探せ....と(笑)。

その後は大群でやってきた後、通行人や自転車に驚いて逃げる...の繰り返しでしたが、それなりに撮影することができました。そして、キレンジャクも混じっていたとのことですが、私には確認できませんでした。
今日は朝からドタバタの繰り返しで、あまり撮影には集中できませんでしたが、出会いには運があったようです。


大群は迫力がありますね....

ヒレンジャク

うーん、キレンジャーは居ないかなぁ〜

ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク

いい感じなのに、日差しが強すぎるし、空抜け....

ヒレンジャク


ヒレンジャク

結構近いところへ来てくれましたが、バックがねぇ....

ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク

NIKON1 V2 + マウントアダプターFT1 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

意外な出会いで感激でしたが...

お正月休み最終日の昨日、今季どうしても♀にしか出会えない「ルリ♂くん」のリベンジにK山へ。

ところが到着してもカメラマンはゼロ。またまた、いゃ~な予感がする中、当初出会うのは普通の鳥ばかり。とりあえず、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロ等の混大群を撮っていると、正面の高い木にツグミの大群が...。

と、その中に見慣れない怖~い顔を発見。お城や北摂での出現情報は聞いていましたが、まさかここにもいるとは...。嬉しくなってカメラを構えましたが、なんせ高くて遠くて絵にならず。こちらもこれ以上近づけないし、いくら待っても近くには来てくれず、アップを撮ることは不可能でした。

それでも、先日のヤマセミといい、昨日のヒレンジャクといい、今年は鳥運はなかなかよさそうです...笑。


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク

以上、大トリミングで荒い画像でしたが、オリジナルは↓の大きさです。うーん、昨日はデシスコの人が羨ましかったです。


ヒレンジャク

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II

再会できたのですが....


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク


ヒレンジャク

長い長い干潟シリーズは一旦終わりです...笑。

5/2にMGさんとご一緒した時の画像です。もともと今年のGWのメインターゲットはこの鳥「ヒレンジャク」の予定でした。昨年初めて出会えて感動したものの、満足なショットが撮れずリベンジを試みました。再会はできたのですが、枝かぶりや逆光補正のノイズ等、今年も満足させてもらえません...。かろうじて昨年よりはマシな写りでしたが、来年再リベンジをしたいです。

Nikon 300 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: