親鳥にはよく出会えるんですが....

昨年、可愛いヒナに出会えたコアジサシの子育て地....。可愛い姿を期待して、何回も通っていますが、今年は勝手が違うようです。数日前にはひっそりと抱卵する姿には出会えましたが、子育てはうまくいっていないようです。

この地から少し離れたK浜を覗いてみましたが、ここも親鳥のみ....。優雅に飛びまわる姿は迫力抜群ですが、やはり可愛いヒナの姿を見たいものです。でも今年は厳しいかも.....。


コアジサシ

KOAJISASHI-132b_20170630204048542.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-133b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-134b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-135b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-136b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-137b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-138b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-139b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-140b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-140*1b
コアジサシ

KOAJISASHI-140*2b
コアジサシ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

ヒナはまだでした....

昨日は地元近くのK池へ戻ってアマサギと出会う前に、昨年可愛いヒナを撮影した西の地へ定点観測に行ってきました。

現地へ着くとカメラマンは皆無....。たくさんの成鳥があちらこちらを飛びまわっていますが、まだヒナの姿はありませんでした。おそらくまだ求愛行動真っ盛りなのか、子育てに関してはもう少しひき続いて要観察かも。後日出直そうと撤収しかけたときに、足元に1羽の親鳥が....。この子はもう抱卵中なのでしょうね。ホッとした反面、この海岸は早朝からウォーキングや犬の散歩の方も多く、こんな場所では親鳥が居ないと踏みつけてしまいそうです。まだ昨年のように保護ロープは張られていませんので、今後が気になるところです。

もう少ししてから、再度様子見に行きたいと思ってます。

求愛行動真っ盛りでしょうか....

コアジサシ

KOAJISASHI-130b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-121b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-122b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-123b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-124b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-125b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-126b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-127b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-128b.jpg
コアジサシ

おっと、眼の前の砂浜で抱卵中?
KOAJISASHI-131b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-132b.jpg
コアジサシ

離陸直後の航空機の音がうるさいですが....

[広告 ] VPS

コアジサシ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

まだ抱卵中の子も....

この日は無事にヒナに出会えて念願が叶いましたが、傍らには相変わらず抱卵中の子も....。

じっと抱卵しているとほとんど動きがないのと、先週のコメント欄に「動画も楽しみにしています....」というメッセージもいただいていた(笑)ので、リクエストにお応えしてこの子は動画にしました。今回は単独撮影でしたので、まわりの話し声等雑音もなく、上空をとびまわるコアジサシの声も収録することができました。


[広告 ] VPS

コアジサシ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

もう一度先週末の地へ....

先週末のこの地、親鳥シロチドリ親子は撮影できたもののコアジサシのヒナには出会えなかったので、昨日リベンジに行ってきました。昨日は先週とは違って最高気温30度の快晴....、早朝からギラギラとした日差しが照りつけ、光線状態も難しそうで集中力に欠けます。

それでも現地到着時には青空を背景に飛びまわるこの子が出迎えてくれ、大きなご馳走を運ぶ他の子の姿も....。やはりこの子は青空が似合いますね。

その後近くの砂浜に降りたった1羽がしきりにまわりを気にしはじめました。この日は快晴なので釣り客や散策のグループ等も多く、すぐ近くを頻繁に行き交うので威嚇をしているようです。そして、すぐに飛び去った後に向かったのは???

やはり可愛いヒナの傍でした。そしてよく見るとその奥にはもう1羽が....。微妙な丈の草が密生しており、その隙間に見え隠れしていたので先週は探し出すことができませんでしたが、やはりヒナはこの付近に居たようです。

フォーカスを合わすのも至難の業で画像的には不満でしたが、この草によって天敵から少しでも隠れているのなら仕方がないですよね。それでもなんとか目的が果たせてホッとしました。


この子はやはり青空が似合いますね バックは全国的に有名なA大橋です

コアジサシ

KOAJISASHI-112b_20160619063901288.jpg
コアジサシ

大きなご馳走を運ぶ姿も
KOAJISASHI-113b_201606190639009cc.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-114b_20160619063900707.jpg
コアジサシ

この子が威嚇を始めました
KOAJISASHI-115b_20160619063859c99.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-116b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-117b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-118b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-119b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-120b.jpg
コアジサシ

その後向かったところには可愛いこの子が....
KOAJISASHI-120*1b
コアジサシ

KOAJISASHI-120*2b
コアジサシ

こんなところで密会....
KOAJISASHI-120*5b
コアジサシ

もうかなり大きく育っていますね
KOAJISASHI-120*3b
コアジサシ

KOAJISASHI-120*6b
コアジサシ

KOAJISASHI-120*7b
コアジサシ

奥にもう1羽がいました
KOAJISASHI-120*8b
コアジサシ

KOAJISASHI-120*9b
コアジサシ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

昨年は可愛い姿が見られたのですが....

先週末は北摂の池でコアジサシに出会いました。

コアジサシといえば、昨年のこの地での可愛い子育てのシーンを思い出す方も多くおられると思います。今年も先日様子見に行きましたが、この地は大阪市内のビル建設予定地ということで、予定どおりすでに工事の真っ最中....。もちろん鳥など居ません。

それでもなんとか子育てのシーンをもう一度見たいと思って情報収集してみると、西の地の海岸で子育て中....とのこと。早速、場所を確認して今朝訪問してきました。

到着すると、数羽のコアジサシが頭上を飛びまわっています。そして草の育った砂浜にあちこち座り込んでいるコアジサシが居るのですが、微妙な草の背丈に隠れて卵やヒナの姿は確認できません。必死にご馳走を運んでいる親鳥もいるので、どこかですくすくと育っているのでしょうね。

先週の北摂の池での出会いです

コアジサシ

KOAJISASHI-96b_201606121545447ac.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-94b_201606121545457ee.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-91b_20160612154545dea.jpg
コアジサシ

ここからは本日の撮影です 頭上を飛びまわります
KOAJISASHI-103b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-104b.jpg
コアジサシ

波打ち際や砂浜では翼を休めている子も....
KOAJISASHI-106b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-107b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-108b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-109b_20160612154649b81.jpg
コアジサシ

おっ、こんなところで密かに抱卵??
KOAJISASHI-114b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-115b.jpg
コアジサシ

この姿勢は間違いなく抱卵中ですよね
KOAJISASHI-112b_201606121547485c7.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-113b.jpg
コアジサシ

うまく隠しているのか、卵やヒナの姿は見えません
KOAJISASHI-110b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-111b.jpg
コアジサシ

うーん、この子たちはどこまでご馳走を運んだのでしょうかねぇ〜
KOAJISASHI-101b.jpg
コアジサシ

KOAJISASHI-102b.jpg
コアジサシ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: