大遠征、総集編です....

多くの群れの中にクロヅル、ナベクロヅル、カナダヅルも混じっていたとのこと。

到着時から「おそらく撮影は無理....。」と思いながらも、かすかな期待を持って撮影を続けてきましたが、やはりこの状態で探すのは困難でした。ただ、ひょっとして偶然写っているかもしれないので、今後も画像の確認は続けます。なんせ、1,300枚前後撮影しているので、全部を確認するだけでかなりかかりそうです。しかも、総数は14,000羽にも....。

ちなみにこの数って毎日表示が更新されるようですが、どのように数えるのでしょうね。数十羽くらいなら私たち素人でも肉眼で確認できますが、毎日続けて万を超える数を数えるって果たして重複したりしないのでしょうか....。

今回はナベヅル、マナヅルの2種だけの撮影になりましたが、この地でのツルたちとの出会いは大感動でした。私の住んでいる兵庫からは少し遠いですが、九州新幹線のおかげで日帰りも可能になりました。ぜひこの迫力を体験してみてください。

ということで今日はこの地の総集編です。いろんな画像を切り取ってみました。

まずはど迫力の出会いのシーンです

[広告 ] VPS

ナベヅル


[広告 ] VPS

ナベヅル

今回の主役はこんな顔でした
NABEZURU-62b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-61b.jpg
ナベヅル

可愛らしい幼鳥も....
NABEZURU-63b.jpg
ナベヅル

こんなシーンにも....
NABEZURU-65b.jpg
ナベヅル

        マナヅルはあまり近づけませんでした....
        MANAZURU-51b.jpg
        マナヅル

        こちらも幼鳥です
        MANAZURU-52b.jpg
        マナヅル

他に出会えた鳥たち....、ハクセキレイも幼鳥です
HAKUSEKIREI-72b.jpg
ハクセキレイ

HAKUSEKIREI-71b.jpg
ハクセキレイ

当初はチュウヒかと思いましたが、トビでした....
TOBI-123b.jpg
トビ

TOBI-121b.jpg
トビ

TOBI-122b.jpg
トビ

この日一日お世話になったレンタカーです
RentCar-1b.jpg
レンタカー

1、2、6、8〜10枚目
Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

3〜5、7、11〜13枚目
Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

14枚目
iPhne
スポンサーサイト

究極の飛翔編です....

やっぱりこういう種は飛翔シーンがお似合いですよね。
しかし、1枚目のシーンに遭遇した瞬間は鳥肌が立ちました....、いったいこの画面に何羽映っているのでしょうね。


ナベヅル

NABEZURU-32b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-33b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-41b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-42b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-39b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-40b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-43b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-44b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-45b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-46b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-47b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-48b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-34b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-35b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-36b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-37b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-38b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-52b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-53b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-54b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-55b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-49b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-50b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-51b.jpg
ナベヅル

1、4、5枚目
Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

2,3、6〜25枚目
Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

幼鳥編....

ツルもコハクチョウ同様に家族での移動が多いようですね。

この地でも幼鳥を連れた家族単位での団体に数多く出会えました....。ナベヅルは生まれて3ヶ月程度で飛べるようになり、半年後には渡りもできるようになるそうです。どうやら今年の夏までに生まれた幼な子も無事元気に渡ってきたようですね。

生まれてからたった数ヶ月で数千kmの距離を渡ってくるなんて、ほんとに自然の偉大さを感じました。

NABEZURU-25b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-26b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-27b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-23b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-24b.jpg
ナベヅル


ナベヅル

NABEZURU-22b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-28b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-29b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-30b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-30*1b
ナベヅル

NABEZURU-30*2b
ナベヅル

NABEZURU-30*3b
ナベヅル

NABEZURU-30*4b
ナベヅル

NABEZURU-30*5b
ナベヅル

1〜7枚目
Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

8〜15枚目
Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

あまりの多さに戸惑いました....

約14,000羽のナベヅルに遭遇できましたが、あまりの多さに戸惑いました。

ここでは肉眼でも視界いっぱいに写る数の多さにどう絵作りしたらいいのかが解りません。どうフレーミングしても全体を収めることができないですし、これだけ多いと一羽一羽を切り取って絵作りするのも不可能です。ということで、塒の保護地区の外へ出ている子たちを撮影するために移動しました。

すぐそばの田んぼでも数十羽ごとがあちこち分かれて採餌の最中です。しかも団体で飛び立っては別の田んぼへ移動する....という飛翔シーンにも何回も恵まれました。贅沢な話ですが、ターゲットが一羽しか居ない時は慎重に撮影するためか意外と失敗画像が少ないのですが、被写体がこれだけ多いと気が緩みますね。ゴミ箱行きの画像の多さにも驚きました....笑。。。

付近のたんぼで食事中でした

ナベヅル

NABEZURU-12b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-15b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-16b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-17b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-20*6b
ナベヅル

NABEZURU-20*7b
ナベヅル

NABEZURU-20*3b
ナベヅル

NABEZURU-20*4b
ナベヅル

NABEZURU-13b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-14b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-20b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-20*1b
ナベヅル

NABEZURU-20*2b
ナベヅル

NABEZURU-18b.jpg
ナベヅル

NABEZURU-19b.jpg
ナベヅル

1〜11、15、16枚目
Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

12〜14枚目
Nikon D7200 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

南の地を訪ねて....、 まずはブロローグです

前々から一度は訪ねてみたいと思っていたこの地ですが、思いきって昨日行ってきました。

天気予報がいまいちだったのですが、そんなにひどい状況でも無さそうなので雨天決行....と。
小雨に見舞われる時間帯もありましたが、普段の行いがよほどいいのか(笑)傘を使用することもなく1,000枚以上も撮影し、わずか数時間の滞在を堪能してきました。....。

この日までの飛来数ですが、主役のナベヅルが約14,000羽、マナヅルが200羽あまりとのこと。他にカナダヅル、クロヅル、ナベクロヅルが数羽ずつ混じっているらしいのですが、総数14,000羽超の中からこれらを見つけるのは不可能に近いでしょう。それでもわずかな期待を持って撮影スタートです。

まずは到着時の施設の様子、これはiPhoneでの撮影です
        TURUKANSATSUSHO-1b.jpg

施設の屋上へあがるとこの様子です、すごい迫力ですね もちろんナベヅルはライファーです
NABEZURU-1b.jpg
ナベヅル

この中にカナダヅル、クロヅル、ナベクロヅルは居るのでしょうか....
NABEZURU-2b.jpg
ナベヅル

またまた動画も撮ってみました

[広告 ] VPS

ナベヅル

Nikon D7200 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)


*
*
*
*
*