大木の地のヒナが巣立ちしました....

昨日は大木の地のアオバズクのヒナを撮影してきました。

そろそろ巣立ちかも?と先週末にも訪れましたが、この日は巣立ちするヒナを待っている両親の姿が見られただけでした。そして、その2日後の19日に2羽が巣立ちしたそうです。5月のフクロウの時も、巣立ち直後のヒナが見たくて週末に訪れましたが、残念ながら巣立ちは翌日の月曜日....。ほんとに今年はタイミングに恵まれません、週末カメラマンの辛いところを痛感しました。

今回ももう高い枝の上に上がってしまっているのではないか?と気にしながらの現地到着です。今年のヒナは2羽だそうで、やはりそこそこ高い枝上に居ましたが、枝被りもわずかで、昨年のこの日と比べると上々の撮影条件でした。それでも午前5時半からの撮影でしたので当初のISOは5000....、ノイズに悩まされたのが残念でした。

初めのうちは眼を閉じた2羽が並んだシーンだけでしたが、1時間ほどしたところで2羽とも眼を開いてキョロキョロするシーンも撮れました。ただ、あまりにくっついて並んでいるので、エンゼルポーズをしかけたものの、窮屈なのかやめてしまいました。

親鳥の視線の先には....
AOBAZUKU-202b.jpg
アオバズク

この子たちが居ました
AOBAZUKU-210*7b
アオバズク

AOBAZUKU-206b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-207b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-203b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-204b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-205b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-210*1b
アオバズク

AOBAZUKU-210*2b
アオバズク

AOBAZUKU-210*3b
アオバズク

おっ、エンゼルポーズ?
AOBAZUKU-209b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-210*4b
アオバズク

AOBAZUKU-210*5b
アオバズク

窮屈なのか、やめてしまいました
AOBAZUKU-210*6b
アオバズク

AOBAZUKU-210*9b
アオバズク

こんな近くで親鳥が見守っていました

アオバズク

1〜15枚目
Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

16枚目
Nikon D500 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD
スポンサーサイト

お母さんも居ました....

いよいよ撮影場所に悩む時期になりましたが、気になる2ヶ所へ行ってきました。

まずはお馴染みの大木の地です。
前回訪れた日はお父さんだけが近くの柿の木でのんびりとする姿が見られましたが、今回はケヤキの木の枝上にお母さんの姿も確認することができました。残念ながらヒナの巣立ちはまだのようでしたが、そろそろ秒読み段階ですね。しかし、この様子ではまたまた平日になりそうです。うーん、週末カメラマンは辛いですよねぇ〜〜〜。

柿の木のお父さん

アオバズク

AOBAZUKU-192**b
アオバズク

AOBAZUKU-193b.jpg
アオバズク

ケヤキの枝にはお母さんが居ました....
AOBAZUKU-194b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-195b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-196b.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

まだ見守り中でした....

この地ももうそろそろか?....と、土曜日早朝に覗きましたが、隣の柿の木でまだ見守り中でした。


アオバズク

AOBAZUKU-182b_201707091013590c0.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

この子も定位置に....

2週間前まではフクロウの子育てで賑わったこの大木の地ですが、例年どおりアオバズクも来ています。

一昨日の日曜の早朝に様子を見てきました。フクロウの子育て中から近辺に到着しているのは確認されていましたが、ようやくこの定位置に落ち着いたようです。この日はこの親鳥1羽だけでしたので、♀はすでに抱卵中かも。今年ももうすぐ可愛いヒナが見れるか?と楽しみですね。

この日はカメラマンも私一人でこの子と2ショット....、もう少し粘ればエンゼルポーズ等を披露してくれるかも?と思いましたが、その後のチョウゲンボウの動向が気になって10分あまりで撤収しました。

AOBAZUKU-171b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-172b.jpg
アオバズク

        AOBAZUKU-173b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-175b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-174b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-180b_20170530205939a35.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-182b_201705302059382f5.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-180b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-182b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-179b.jpg
        アオバズク

AOBAZUKU-178b.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

大木の地に待望のヒナが....

大ケヤキの地のアオバズクのヒナが巣立ちしました。

一昨日、西の地へ向かう前に様子を見に行きましたが、まだ姿は無し。それでも♀が巣から離れた枝でじっとしていましたので、もうそろそろだろうと、今日再訪。早朝に到着するともう10名以上のカメラマンが先着されていて、レンズを向けておられました。聞くところによるとヒナは3羽で昨日外へ出たとのことでした。

昨年は天候の急変、そして一昨年は後ろ姿しか見えない等で、2シーズン撮影から遠ざかっていたので、ヒナの姿を見てほっとしました。しかし、ホッとしたのも束の間、問題はここからです。夜行性のこの子たちは明るくなるとほとんど移動しないので、到着時の位置でその日の写真の出来が決まってしまいますよね。

やっぱり今日も微妙なところにとまっていて、抜けて見えるところはお尻しか見えません....。あちこち歩き回ってベストポジションを探しますが、どこから見ても枝や葉っぱが覆いかぶさるような状態で顔を撮ることができません。その後、先着されていたカメラマンの了解をいただいて、三脚の下へ潜り込み、寝転ぶような姿勢でやっとGETできました。このレンズに換えてからは、手軽に手持ち撮影ができるようになり、こんな状況でもなんとか満足できる画像を残せるようになりました。

2羽居ましたが、顔が見えません....
AOBAZUKU-170*2b
アオバズク

傍では親鳥が見守っています
AOBAZUKU-170*3b
アオバズク

何とか顔が見えましたが、右側の子だけです
AOBAZUKU-169b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-170b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-170*1b
アオバズク

もう1羽も顔が見えません
AOBAZUKU-170*4*b
アオバズク

寝転ぶような姿勢でやっとですが、手前の枝が残念です
AOBAZUKU-163b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-165b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-164b.jpg
アオバズク


アオバズク

AOBAZUKU-162b.jpg
アオバズク

        AOBAZUKU-168b.jpg
        アオバズク

        AOBAZUKU-167*b
        アオバズク

        Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
        + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)


*
*
*
*
*