定点観測の地に行ってきました....

GW最終日となりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

私も期間中あちこちへ出かけましたが、収穫はいまいちでした。その報告は後日UPしていきますが、今日はこの時期恒例の定点観測の地へ行ってきました。

この近辺では例年2カ所の池にて子育てをしているようですが、まずは1カ所目のK池へ....。
ところがここにはハシビロガモがいただけで、親子連れの姿はありません。通年見かける番の姿もなかったので、ブッシュの奥でまだ抱卵中か、生まれたばかりの子の子育て中だったのかもしれません。

ということで、徒歩で20分足らずの2カ所めのこれもK池へ。
すると親鳥たちが子どもたちを連れて優雅に遊泳中でした。どうやら今年の子どもたちは5人兄弟のようです。まだまだ生まれたてのようで、撮影中もずっとそばに付きっきりでした。ほんとにこの子たちの姿を見ていると癒やされますよね。ただ、日差しが強すぎたのが、唯一残念でした。

優雅に遊泳中でした....
KOBUHAKUCHOU-103b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-106b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-105b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-104b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110*2b
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110*3b
コブハクチョウ

今年は5人兄弟です....
KOBUHAKUCHOU-108b.jpg
コブハクチョウ

美味しいものがたくさんあるみたいです....
KOBUHAKUCHOU-109b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110*1b
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110*7b
コブハクチョウ

食後は沖合まで運動です....
KOBUHAKUCHOU-110*4b
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOu-110*5b
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-110*6b
コブハクチョウ

Nikon D7100 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD
スポンサーサイト

雪がらみと言えば....

雪がらみと言えば、びっくりしたのが地元でのお正月の初撮りでした....。

ここ数年、新年の初撮りは地元でのミコアイサと言うことで、地元のK池へ....。
ところが今年は到着すると池の水は凍っていて、その上には雪が積もっていました。しかも毎年会えるミコアイサの姿も無く、眼に入ったのは氷に阻まれて身動きとれずに居るコブハクチョウでした。その後コブハクチョウを心配するようにユリカモメたちが次々舞い降りてきますが、この子たちも凍った池の上でつるりんつるりん.....と。
他にアオサギやセグロカモメも突然の雪に戸惑いを隠せなかったようです。

この日はミコアイサには出会えませんでしたが、雪国でもない地元の地で意外なシーンを見ることができました。

池の水はびっしり凍っていました....

K池

KOBUHAKUCHOU-81b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-82b.jpg
コブハクチョウ

この子たちの周りは氷に阻まれ、数十センチ程度しか身動きとれません....
KOBUHAKUCHOU-83b.jpg
コブハクチョウ

身動きとれないコブハクチョウを心配するようにユリカモメたちが次々と舞い降りてきますが....
KOBUHAKUCHOU-84b.jpg
コブハクチョウ

URIKAMOME-71b.jpg
ユリカモメ

URIKAMOME-72b.jpg
ユリカモメ

URIKAMOME-73b.jpg
ユリカモメ

この子たちも氷の上でつるりんつるりんと、勝手が違うようです....
URIKAMOME-74b.jpg
ユリカモメ

URIKAMOME-75b.jpg
ユリカモメ

URIKAMOME-76b.jpg
ユリカモメ

この子も滑らないようにそろりそろり....
AOSAGI-101b.jpg
アオサギ

この子も意外な雪に戸惑っていました....
SEGUROKAMOME-51b.jpg
セグロカモメ

NIKON1 V3 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

子育て中といえば....

子育て中と言えば、先日訪れたこの子の続報です。

昨年は子供たちの誕生から2ヶ月過ぎに訪れたので、成長し過ぎで可愛さ半減でした....笑。
今年は早いうちに....ということで、1ヶ月後に会いに行ってき来ました。まだまだ可愛さの残る子供たちでしたが、元気な姿を見せてくれた子供たちは4羽のみ。この日は5羽居たのですが、どうしたのでしょうね。天敵に襲われたのか、事故に遭ったのか非常に気になるところです。

親鳥の表情にもなんとなく疲れが感じられました....。


コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-72b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-73b.jpg
コブハクチョウ

うーん、子供たちは4羽....
KOBUHAKUCHOU-77b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-78b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-76b.jpg
コブハクチョウ

でも、この子たちは元気でした....
KOBUHAKUCHOU-74b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-79b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-80*b
コブハクチョウ

もうりっぱな若様の顔ですね....
KOBUHAKUCHOU-80b.jpg
コブハクチョウ

でも、やっぱり親鳥は心配顔です....
KOBUHAKUCHOU-75b.jpg
コブハクチョウ

Nikon D7100 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

今年は5羽でした....

GWもいよいよ最終日となりましたが、皆様有意義に過ごされましたか?

私も前半は黄色い子や青い子、それにシギチたちを探しに出かけ、思わぬライファーや今季初物に出会えましたが、最終日の今日はここ数年恒例の定点観測に行ってきました。

この地ですが、昨年は4羽一昨年は6羽、そして今年も無事に育っている可愛いヒナが5羽。普段はほとんどレンズを向けないコブハクチョウですが、この地のこの時期だけは違いますね。1時間あまりの撮影時間でしたが、あまりの可愛さに300枚近くシャッターを....笑。
ほんとにほんとに癒やされました〜〜。


コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-62b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-63b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-64b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-65b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-66b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-67b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-68b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-69b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-70b.jpg
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-70*b
コブハクチョウ

KOBUHAKUCHOU-70**b
コブハクチョウ

Nikon D7100 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

もう1カ所も....

この地以外に定点観測をしていたもう1カ所のコブハクチョウ....。GWに訪れたときは親鳥1羽が居ただけで今年はここでは子育てはしないのか?....と思いましたが、無事子供達に会えました。

こちらは子供達は4羽で、大家族ではないようです〜。


コブハクチョウ


コブハクチョウ


コブハクチョウ

Nikon D7100 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 10月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 09月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)


*
*
*
*
*