もう1ヶ所の気になるところは....

もう1ヶ所の気になるところですが、高圧電線の鉄塔上で子育てをしていたミサゴです。

初めて訪問した6月10日から、ほぼ1週間ごとに観測に訪れましたが、どうやらヒナは巣立ってしまったようです。6月24日の訪問時までは巣の上の2羽のヒナを親鳥が見守る光景が見られましたが、7月8日は巣の上にヒナの姿が見えません。すぐ横の鉄塔には親鳥?それともこれこそ巣立った幼鳥?と思わしき1羽が止まっていました。

ミサゴは孵化から巣立ちまで55〜60日とのことですが、巣立ちをする頃までには親鳥と見分けがつかないくらいに育ち、少なくてもヒナというような風貌ではなくなります。見分けるポイントは風切および雨覆いの羽縁が白っぽく、次列風切および雨覆いの先端部がとがっている....のが幼鳥だと。7月8日の子は、撮影時は親鳥と思っていましたが、羽縁の白さが結構はっきり出ているのでもしかすると巣立ったばかりの幼鳥?....とも考えられますが、いまいち判断がつきません。幼鳥にしては落ち着いているように見えますのでやはり親鳥....?

高い鉄塔の上の豆粒のような画像を拡大していますし、広げた翼を確認できませんでしたので、正直よくわかりません。ましてやミサゴの巣立ちの幼鳥などこれまで見たことがないので、はたして親鳥とどのくらい風貌が違うのかもわかりません。そして7月17日に訪れたときはもう巣は空っぽで、親子いずれの姿を見ることはできませんでした。

この地はあまり知られていないので全く外からの情報もなく、自分で観察するだけに留まりましたので、計5回も通ったわりにはちゃんと育ったのかが確認できないまま日にちが過ぎてしまいました。週末カメラマンの辛さを痛感ながらも、やはりその後の詳しい情報は気になります。詳細をご存知の方、お知らせいただければ嬉しいです。


6/17
初めて訪れた日から1週間後の様子です 画像では確認できませんが、ヒナは2羽いました

ミサゴ

この時点でも、風貌はもう立派なミサゴです
MISAGO-162b.jpg
ミサゴ

MISAGO-163b.jpg
ミサゴ


6/24
やはりヒナは2羽で両端に両親が見守っています
MISAGO-165b.jpg
ミサゴ

MISAGO-164b.jpg
ミサゴ

MISAGO-166b.jpg
ミサゴ

MISAGO-167b.jpg
ミサゴ


7/8
巣の上にはヒナの姿が見えません  
MISAGO-168b.jpg
ミサゴ

そしてすぐ傍には問題のこの子が....、この子は幼鳥? それとも親鳥?
MISAGO-169b.jpg
ミサゴ

MISAGO-170b.jpg
ミサゴ


7/17
もう巣立ったのでしょう、この日は誰も居ませんでした
MISAGO-170*1b
ミサゴ

MISAGO-170*2b
ミサゴ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

お母さんも居ました....

いよいよ撮影場所に悩む時期になりましたが、気になる2ヶ所へ行ってきました。

まずはお馴染みの大木の地です。
前回訪れた日はお父さんだけが近くの柿の木でのんびりとする姿が見られましたが、今回はケヤキの木の枝上にお母さんの姿も確認することができました。残念ながらヒナの巣立ちはまだのようでしたが、そろそろ秒読み段階ですね。しかし、この様子ではまたまた平日になりそうです。うーん、週末カメラマンは辛いですよねぇ〜〜〜。

柿の木のお父さん

アオバズク

AOBAZUKU-192**b
アオバズク

AOBAZUKU-193b.jpg
アオバズク

ケヤキの枝にはお母さんが居ました....
AOBAZUKU-194b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-195b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-196b.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

この時期旬のササゴイでしたが....

まだ梅雨明けの報道はないものの、連日35度前後の最高気温が続く毎日となりました。皆様、くれぐれも熱中症等にご注意ください。

そんな中、昨日は有名なササゴイの餌採りポイントへ。
涼しいうちに満足な画像をGETしようと早朝から出かけますが、到着時はお留守。他のカメラマンとともに待ちますが、一向に現れる気配がありません。この地でササゴイに出会えないと他には満足するようなターゲットが居ないので、不安が積み重なります。待つこと2時間あまりで下流側の橋脚付近に登場。豆粒にしか撮れない距離でしたので、上流側へやってくるか?と期待しましたが、わずか数秒でまたまた下流側の茂みの中へ飛び去りました。急いでそちらの方向へ移動しましたが、見失ってしまい、またまた振り出しに....。

下流川から戻ってくるだろうと、他のカメラマンは姿を消した下流側の橋周辺で待機しますが、私はもともと居た影のある上流の餌場付近へ....。その後また1時間ほどすると、予想に反して上流側から飛来し、餌場のコンクリート上へ舞い降りました。運があったようで私の待機していた眼の前です。昨年や、一昨年のように至近距離での餌採りシーンが撮れるかと期待しましたが、餌を探す様子もなく、コンクリート上をそろりそろりと下流に向かって歩き続けます。そして、すぐにまたまた下流方面へ飛び去ってたので、ダッシュで追いかけます。

今度は河口に近い岩上に居るのを発見できましたが、ここでも餌をとる様子もなく、数ヶ所の岩の上へ飛び移った後、再び河口方面へ飛び去ってしまいました。ここまで再登場からわずか10分あまり....。あまりにあっさりとした登場シーンでしたので、ほんとに消化不良でした。

なんと眼の前に上流側から飛来

ササゴイ

SASAGOI-72b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-73b.jpg
ササゴイ

何故か餌もとらずにそろりそろりと歩き続けます....
SASAGOI-74b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-75b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-76b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-77b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-78b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-79b.jpg
ササゴイ

結局、下流へ〜〜
SASAGOI-80b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-80*1b
ササゴイ

SASAGOI-80*2b
ササゴイ

今度は岩の上に岩の上に居ました
SASAGOI-80*3b
ササゴイ

SASAGOI-80*4b
ササゴイ

SASAGOI-80*5b
ササゴイ

SASAGOI-80*6b
ササゴイ

SASAGOI-80*7b
ササゴイ

この後、再び河口方面へ....
SASAGOI-80*8b
ササゴイ

Nikon D500 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

この子は誰??

カイツブリの親子を探そうと池に到着したとき、遠くの対岸にカモより大きな白っぽい鳥が....。

この池にはカルガモより大きなかカモは居なかったはずですし、まさかコブハクチョウ?....と近寄ってみると、なんとアオサギでした。アオサギは擬態するわけではなさそうですが、これまでいろんなポーズに出会ってます。その後別の地ではこんなポーズでくつろぐ?姿にも出会いました。

普段はなかなかレンズを向けないアオサギですが、出会った瞬間、「この子は誰??」って思ってしまいますよね。

近寄ってみるとアオサギでした

アオサギ

AOSAGI-132b.jpg
アオサギ

            この子も誰やねん?
            AOSAGI-133b.jpg
            アオサギ

            AOSAGI-134b.jpg
            アオサギ

            やっぱり....笑
            AOSAGI-135b.jpg
            アオサギ

            Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
            + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

まだ見守り中でした....

この地ももうそろそろか?....と、土曜日早朝に覗きましたが、隣の柿の木でまだ見守り中でした。


アオバズク

AOBAZUKU-182b_201707091013590c0.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性
職 業:会社員

趣味の記録を中心にブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: