FC2ブログ

識別が正しければライファーです....

他のターゲットを求めて出かけた西の地のK大池ですが、ターゲットは不在....。

現地ではそろそろお別れのチュウサギだと思って撮影していたこの子ですが、どうやらカラシラサギのようです。識別のサイトや図鑑を参考にしますが、脚の色が微妙でいまいち判断が微妙です。それらの資料によると、間違いやすいのは「コサギの幼鳥」とのことですが、現地ではチュウサギだと思ったくらいなのでコサギよりは遙かに身体が大きいです。

それと、数日前から現地近くのK川河口付近で複数の方によってカラシラサギが撮影されており、ブログにUPされておられます。その方々の画像を拝見すると身体のあちこちの特徴が類似しておりおそらく同じ個体だと....。これらの状況をも含めてカラシラサギと判断しましたが、いかがでしょうか?たぶん間違ってないと思いますが、間違っているようならご教授ください。

しかし、識別が不安なときってライファーでも感動が薄いですよねぇ〜〜。

脚の色合いが微妙です....

カラシラサギ

KARASHIRASAGI-32b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-33b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-34b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-35b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-36b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-37b.jpg
カラシラサギ

KARASHIRASAGI-38b.jpg
カラシラサギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
スポンサーサイト

相変わらず、目つきが悪いですね....

ウミネコって個人的には好きな鳥なんですが、何故か目つきが悪いですよね。精悍で格好いいですが、人気は無さそうですねぇ。


ウミネコ

UMINEKO-72b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-73b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-74b_20180915130319e3f.jpg
ウミネコ

UMINEKO-75b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-76b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-77b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-78b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-79b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-80b.jpg
ウミネコ

UMINEKO-80*1b
ウミネコ

UMINEKO-80*2b
ウミネコ

静寂が戻った後は....

ハヤブサが飛びまわった後、池に残ったのはアオサギ、ダイサギ等大型の鳥ばかり....。

もう撤収しようか?それとも他の池に行こうか?と迷っていると、逃げ去った鳥達がぽつりぽつりと戻ってきました。静寂が戻ってきたところで対岸を確認すると、ケリたちに混じってセイタカシギの姿も....。しかもそれまで確認できなかったもう1羽も一緒でした。それまでこの子は何処に居たのでしょうねぇ〜〜。

ケリたちに混じってもう1羽も....

ケリ&セイタカシギ

SEITAKASHIGI-142b.jpg
ケリ&セイタカシギ

SEITAKASHIGI-143b.jpg
ケリ&セイタカシギ

SEITAKASHIGI-144b.jpg
ケリ&セイタカシギ

SEITAKASHIGI-145b.jpg
ケリ&セイタカシギ

念願の2ショットです
SEITAKASHIGI-146b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-147b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-148b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-149b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-150b.jpg
セイタカシギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

乱入者の正体は....

この池に乱入者してきたはこの子…。

先日のコアオアシシギとタカブシギの撮影日にもトビが何回も上空を舞っていたので、この時もトビだと思って当初はレンズを向けていませんでした。その後、少し様子が違うので、慌ててレンズを向けると、一瞬ファインダー越しに見えたのはハヤブサのような顔…。

これまでの経験からハヤブサは瞬速の飛翔から一気に獲物に飛びつくはず…。こんなにゆらりゆらりと旋回しないだろうし、身体もかなり大きいのでやはりトビかノスリの見間違えではないのか?…と考えが揺らぎます。

それでも、それまで翼を休めていた鳥たちはその都度慌てて逃げ回り、その時くっきりと見たのはやはりハヤブサの顔....。その後数分間の物色が続きましたが、結局この子は獲物をGETできず、数十羽居たカルガモや大型サギたちも全て無事でした。身体全体がかなり茶色っぽいですし、少し違和感のある飛翔姿や、これだけの数の獲物が居たのにGETできなかったことを考えると、まだ幼鳥のようですね。

当初はトビかと思いましたが、顔と尾が違うようです
HAYABUSA-85b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-86b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-81b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-87b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-88b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-82b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-89b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-90b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-90*1b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*2b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*3b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*4b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*7b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*5b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*6b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*8b
ハヤブサ

怖いもの知らずのアオサギもびびっています
HAYABUSA-90*9b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*10b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*11b
ハヤブサ

HAYABUSA-90*12b
ハヤブサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

癒やしの水鏡画像....

2羽居るはずのセイタカシギですが、1羽は行方不明。
でも、もう一方の1羽は相変わらずサービス精神満点でどんどんと近くへ来てくれます。やはりこの子のこういう画像は癒やされますね。そしてもっと近くに....と期待した途端、突然飛び立ちました....。こちらもいきなりのことでびっくりしましたが、この子を飛ばせた乱入者とは....??

SEITAKASHIGI-132b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-133b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-134b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-135b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-137b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-136b.jpg
セイタカシギ

SEITAKASHIGI-138b.jpg
セイタカシギ

もっと近くに....と思った途端、飛び立ちました さて、その乱入者とは....
SEITAKASHIGI-139b.jpg
セイタカシギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2018年 09月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)


*
*
*
*
*