もう一種には出会えず....

今季は遅ればせながら、エゾビタキコサメビタキと連続して出会えただけに、気になるのはもう一種のサメビタキです。
この日は今季初のコサメビタキに出会えた後にこの子に出会えたので、もしやサメビタキ?と期待しましたが、この子もコサメビタキのようでした。

KOSAMEBITAKI-192b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-193b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-194b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-195b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-196b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-197b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-198b.jpg
コサメビタキ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ
スポンサーサイト

青空が待ち遠しいですね....

そろそろ冬鳥到着が待ち遠しいですが、もっと待ち遠しいのは青空ですね。
雨が降り出してまる5日ほど経ちましたが、まだ一週間近く続くとのことで次の週末も怪しくなりそうです。今日の画像はコサメビタキに出会った日のお城ですが、早くこんな青空が戻ってほしいものです。


カワラヒワ

KAWARAHIWA-102b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-103b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-104b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-105b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-106b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-107b.jpg
カワラヒワ

KAWARAHIWA-108b.jpg
カワラヒワ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

この日はコサメビタキ三昧....

この日は前日にノゴマの初出現情報を聞いて早速登城....。

7時過ぎにポイントに到着すると、すでに7〜8名のカメラマンが....。しかし、ファインダーを覗いておられる方は居らず、皆さん談笑されています。お城は大当たりの翌日は大外れも多く、嫌〜な予感を引きずりながらの待ちとなりました。結局、3時間ほど過ぎる間に、一人が去り、二人が去り....と。私も結局諦めて他の子狙いに切り替えましたが、この日はどこへ行ってもコサメビタキ三昧....。私としてはこの秋初撮りだったのですが、やはりノゴマには会いたかったです。昨日の日曜もフィーバーしたようですが、まだチャンスありますよねぇ。

KOSAMEBITAKI-182b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-183b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-187b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-184b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-186b.jpg
コサメビタキ

KOSAMEBITAKI-185b.jpg
コサメビタキ


コサメビタキ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

真っ黒な子の正体は....?

ノビタキを探しに出かけたこの日、淀川の河川敷で真っ黒な子に遭遇....。

完璧な逆光のため、肉眼でもファインダー越しでも何の鳥か全く認識できません。もしや珍鳥?と、とりあえずはシャッターを押しながら、少しでも光線を確保しようと右へ右へと回り込みましたが、3ショット撮ったところでスッと飛ばれました。どうやら珍鳥ではなく、久々に出会えたイソヒヨドリの♂なのに色合いが表現できずに残念なことをしました。


真っ黒な子は誰? ファインダーでは何の鳥か解らず
現像後はソフトでの究極の露出補正でイソヒヨドリ♂と解りました....
ISOHIYODORI♂-81b
イソヒヨドリ

ファインダーではどちらを向いているのかも解りません
ISOHIYODORI♂-82b
イソヒヨドリ

少しずつ右へ右へと回り込んで、ファインダー越しにもイソヒヨドリと認識....
ISOHIYODORI♂-83b
イソヒヨドリ

その瞬間、スッと飛ばれました
ISOHIYODORI♂-84b
イソヒヨドリ

ISOHIYODORI♂-85b
イソヒヨドリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ

エゾビタキと言えば....

エゾビタキと言えば、先月鷹の渡りに訪れた地で出会っていました。

天候が良すぎたためにギラギラ光線で識別に悩みましたが、胸から脇にかけての灰褐色の縦班紋が何とか確認できますので、エゾビタキでしょう。この時点で3年ぶりの出会いでした。贅沢な悩みですが、天候が良すぎるのも光線がきつくなって識別の難易度があがりますね。

EZOBITAKI-52b.jpg
エゾビタキ

EZOBITAKI-56b.jpg
エゾビタキ

EZOBITAKI-53b.jpg
エゾビタキ

EZOBITAKI-55b.jpg
エゾビタキ


エゾビタキ

EZOBITAKI-54b.jpg
エゾビタキ

おまけのSL琵琶湖号の回送列車です。中学生当時の鉄ちゃんの頃を思い出しました....
BIWAKOGOU-1b.jpg
エゾビタキ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E Ⅱ
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

趣味の記録を中心に2009年12月よりブログを始めました。同様趣味をお持ちの方はご意見お待ちしています。なお、画像はクリックすると大きくなります。 画像の著作権は管理人に属します。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
*
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIRDER (バーダー) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)


*
*
*
*
*